サンフレッチェ 戦術 3バック

【サンフレッチェ広島】3バックのチームを参考にプレスの抜け出し方を探る。【ウルブス】

投稿日:

こんにちはねこです。

湘南戦はハイプレスを上手く、くぐり抜けれずにアタッキングサードにボールを運べるシーンが限られてしまいました。

これはサンフレッチェ広島のプレッシング耐性に問題があると仮定して

プレス下でも安定してボールを運ぶにはどのようなことが必要なのか考えていきたいと思います。

 

私は相手のプレスに対してこちらもビルドアップの変化が必要だと思ったので

 

他の3バックのチームはどうやってプレスを回避して危険なゾーンにボールを運んで行っているのか

を参考にしつつサンフレッチェを見ていこうという企画になります。

 

まずはサンフレッチェ広島の主なビルドアップを見ていきます。

 

サンフレッチェのビルドアップ

サンフレッチェのビルドアップパターンとしてあげられるのは

中盤の一枚が降りてきてCBに幅を取らせる形が1番多く見られます。

こういった動きの変化で縦につけるボールを出すのが得意な佐々木と背後へのボールを出せる野上のルックアップ出来る時間を増やし

二人を活かそうとすることが城福監督の考えだと思います。

 

通常の形

変化後の形

湘南戦でも度々見られたこの形ですが、ボールを上手く運ぶことができていなかったように私は思いました。

原因の一端としては選手どうしの距離が近すぎるのではないかと個人的には感じますが複雑な要因が絡み合うサッカーは難しいので

正直よくわかりません。

そこで同じ3バックを用いるウルヴスを今回は参考にしていきたいと思います。

 

 

ウルブスのビルドアップパターン

ウルブスの特徴として挙げられるのは同サイドの三人が入れ替わりながらポジショニングで優位を作り出していっていることです。

 

入れ替わる3枚のトライアングル

この同サイドの3枚が流動的なところがウルブスのビルドアップのポイントになっているところになります。

サンフレッチェは中盤が一枚CBの間に降りるといったワンパターンしかないので比較的はめやすいのに比べて

ウルブスは

  • 中盤がWBの位置に降りてWBを押し出す。
  • 中盤がCBの間に降りてCBを押し出す
  • あえて同ラインに選手が立ちハーフスペースを開ける

といったある程度複数のパターンを見ることができました。

それぞれを画像で見ていきます。

中盤がWBの位置に降りてWBを押し出す

画像はシェフィールドユナイテッド戦の物です。

ボールを持っているウルブスがバックからのプレーをしている状況ですが

中盤センターのネベスが中盤の位置からWBの位置に降りてきてボールを引き出します。

【credit wyscout】

サンフレッチェで言うならば青山選手がハイネルの位置でボールを受けるイメージでしょうか

この動きによってWBを高い位置に押し出すことができます。

後ろの守備人数も確保できますね。

ネベスにボールが渡った後を見てみます。

【credit Wyscout】

WBのドハティがトラオレを追い越した位置に幅を取っていることがわかります。

そして押し出されるようにWGのアダマトラオレはハーフスペースでボールをもらう動きを見せています。

 

サンフレッチェだとボールを右サイドで持った時には

WBのハイネルは基本的に低い位置でしかも相手DFに背を向けた状態でボールを呼び込む形が頻繁にみられます。

ハイネルはプレッシャーを受けながらシャドーの選手にフリックするか野上に下げるか、と言う二択にボールを受ける前から強いられているような気がします。

ハイネルはブラジルヴィトーリア時代4231の中盤右サイド433のインサイドハーフなどをこなしていた選手なので

比較的高い位置でボールを受けた方が持ち味が生きる選手です。

川崎時代は442の最前線もやっていた覚えがありますし、、、

 

青山選手も今季見る限りではボックスtoボックスの選手ではなく深い位置から組み立てに参加するディープラインプレイヤーだと思うので

ビルドアップのボランチの役割を明確化して青山選手は後方のボール回しに参加し

稲垣選手または川辺選手がより高い位置を取った方がいいのではないかと感じます。

流石にDFラインでボール保持している時にボランチが同じところにいすぎだと感じるのですが私だけでしょうか?

 

中盤がCBの間に降りてCBを押し出す

今回はELブラガ戦のウルブスの後方からのビルドアップのシーンから

ジョアンモウティーニョの動きをみていきます。

 

コーディーからのビルドアップのシーンです。

モウティーニョはより危険なところでボールを受けようと中央で受けようとする動きを見せます。

【credit wyscout】

この動きにより相手のファーストラインのプレスを狭くすることができます。

相手マーカーを引き連れることによってCBがボールを運び込みやすくなると思います。

【credit wyscout】

両脇にボールを運ぶためのスペースが生まれています

【credit wyscout】

相手のミドルゾーンからのプレスを剥がしていくにはCBの持ち上がりは効果抜群です。

しかしジョアンモウティーニョにみられるように中盤の選手がランニングでちゃんとスペースを作ってあげないといけないと分かるいい例です。

サッカーって面白いですね。

サンフレッチェもCB間にボランチが降りてくることをよくみますが湘南戦では効果的ではなかったように感じます。

 

あえて同ラインに立ちハーフスペースを空ける

サンフレッチェ広島は常にハーフスペースにシャドーが立っていて、危険なゾーンを狙っていますが。

ウルヴスには少し違ったアプローチでハーフスペースを攻略するような動きを見せます。

またELのブラガ戦からですが

WBとWGが大外の同ラインに並んでいることが分かると思います。

【credit wyscout】

CFのヒメネスが裏を狙う仕草を見せることでCBをピン留めすることができています。

相手の中盤は幅をとるドハティに気を取られて中央がおろそかになっている様子が伺えます。

そこにWGのトラオレがスペースに飛び込んでチャンスを作り出します。

 

上記に書いたようにサンフレッチェのビルドアップではずっとシャドーの選手がスペースに留まる様子がよくみられます。

ウルヴスは使いたいスペースを攻略するためのメカニズムがちゃんとしていますね。

 

まとめ

何パターンかウルヴスのパターンを見ていきましたがサンフレッチェはボールを保持した攻撃の際にやはり動きが固定的であり

選手を活かしていないのではないか?と個人的に疑問が出る結果になりました。

城福監督が続投することならばやはり今季をベースにプラスアルファで新しいことにチャレンジして欲しいと思います。

6位は個人的に素晴らしい数字だとは思いますが選手のコメントなどを見ても攻撃的にいきたい気持ちがあるのは確かですし

バックからのポゼッションはクラブのアイデンティティでもあると私は思うので

今のスタイルでは順位的な限界があると思うのも確かです。

勝ちきれた試合でポイントを落としている事実がそれを物語っています。

 

もっとボールを持った時に素敵な崩しがみたいですし城福監督ならやってくれると信じています。

右からの攻撃もっと見たいです。

来季は見られるといいな。また。

 

 

 

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
サンフレねこ

サンフレねこ

2006年くらいからのファン ストヤ〜ノフ×3ってサポーター席で叫んでる子供でした 今やバックスタンドぼっちおじさんになりました。 よろしくお願いします。

-サンフレッチェ, 戦術, 3バック
-

Copyright© TALKサンフレッチェ【サンフレッチェ広島ブログ 】 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.