サンフレッチェ プレイヤー

【サンフレッチェ広島】ドウグラスヴィエイラの良さについて語る回

投稿日:

皆さんこんにちは

皆さんドウグラスヴィエイラは好きですか?

私は彼のプレースタイルが大好きです。

 

今シーズンのワントップ争いは永井の新加入によってさらに激化している中(シャドー起用もありえるけど)

キャンプでのトレーニングマッチでは永井が結果を出したようですね。

 

そんな中今回は昨シーズン獅子奮迅の活躍をしたドウグラスヴィエイラについて書いていこうと思います。

受けれる。走れる。決めれる

三拍子そろったドウグラスのいいプレーについて触れていこうと思います。

 

以前のスタッツ比較の記事はこちらから

 

中盤との連携【受けれる】

まずドウグラスの最大の特徴といってもいいのが

中盤と前線をリンクアップする能力であると言えます。

ドウグラスがワントップで上手くやれている理由はしっかりとボールを前線で収めてくれることが大きな要因としてあります。

 

城福サッカーにおいてハーススペースでボールを受けた時が攻撃のスイッチになります。

  • ボール保持時にしっかりWBが幅をとる
  • シャドーがスペースに留まる

ここら辺のポジショニングはしっかりと決められていると試合を見ていて感じますが

ドウグラスはしばしば最終ラインから離れてボールを受けにきます。

画像を見たら分かるように

ドウグラスは相手のブロックの間に降りてきて攻撃を繋げることが非常に上手い選手です。

後ろからプレッシャーを受けてもフィジカルが非常に強いので中々にボールを失わない強さを持ち合わせた選手になります。

 

画像では仙台のサイドバック長戸選手がプレッシャーをかけようとしていますが

そしたらサイドに流れている森島の前方にスペースができますよね。

 

このようにリンクアップする動きは城福サッカーにとって不可欠な動きであって

それを1番トップの位置で自然に試合を通して続けられるのは1番ドウグラスがチームの中で上手いと感じます。

 

守備の貢献と背後への動き出し【走れる】

昔のJリーグに来たブラジル人選手はあんまり走るようなイメージはないのですが

 

ドウグラスは攻守において非常に走ることが出来る選手です。

守備においてはブロックが組めていないような攻撃から守備に移り変わる際に

 

自ら全速力でスペースを埋めにいったり

ボールホルダーに対してアタックできる選手であります。

画像は清水エスパルス戦のものです。

 

チームの守備ブロックが組めていない状態でドウグラスはフリーになっているボールホルダーに対して

全速力で戻ってタックルを成功させています。

ここでドリブルで運ばれてしまうと間違いなくピンチになっていましたし

サンフレッチェ広島の堅守を支える一因にもなっていると感じます。

守備面でもドウグラスは走れる選手なので

私は好きです。😐

 

またドウグラスは受けるだけではなく危険なゾーンに走り込める選手でもあります。

サイドに流れてボールを受けて時間を作ったり

下の画像の様にDFラインの背後も常に狙っている選手でもあるので

DFにとってはかなりマークしづらい選手であると個人的には思います。

 

今シーズンはドウグラスの脇にスピードのある

永井やエゼキエウが起用されることが濃厚でドウグラスヴィエイラの能力がもっと引き出せれていくのでは?とワクワクしております。

ドウグラスは周りを生かせる選手でもあり生かされる選手でもあります。

 

個人的には二桁を取ってほしいと思いますが

今のゲームプランを継続していくならば選手の能力と関係ないところで厳しくなっていくと感じます。

今季のドウグラスヴィエイラに期待しましょう( ̄ー ̄)

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
サンフレねこ

サンフレねこ

2006年くらいからのファン ストヤ〜ノフ×3ってサポーター席で叫んでる子供でした 今やバックスタンドぼっちおじさんになりました。 よろしくお願いします。

-サンフレッチェ, プレイヤー
-,

Copyright© TALKサンフレッチェ【サンフレッチェ広島ブログ 】 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.