サンフレッチェ 戦術

【サンフレッチェ広島】【vs鹿島戦】キーになってくる戦い方

投稿日:

鹿島戦近づいてきました

ついにJリーグが始まりますね!🔥🔥🔥

 

この時期はPLやミッドウィークにCL、ELもあるので毎年てんやわんやですが

放送してくれるダ・ゾーンさんに本当に感謝です。

スーパースターが沢山見れますし今後のサッカーのトレンドもCLから大体掴めてきますから

見ないと損ですね😕

 

さてこの記事内では前回のプレヴューで書き漏らしたことや

どのように鹿島のブロックを破っていくかに注目して見ていこうと思います‼️

 

 

鹿島の442を破るには?

昨年終盤の鹿島戦は前線からのプレスに苦しみ効果的にチャンスが作れませんでしたし審判の笛によって試合が荒れた覚えがあります

私はいつもバックスタンド席のアウェイ側に近いところでひとりぼっちで座っているのですが

私みたいなぼっち派はオススメです

ひとりぼっちでもスタジアム行きたい人は是非是非😏

 

昼間は眩しいというデメリットがあるのであまり人が来なくて空いていますし

相手のチャントを鬱陶しく思ってしまうというデメリットもあります。

、、、、、、デメリットしかないね😕

 

さて話が逸れてしまいましたが

ルヴァンカップの鹿島vs名古屋をみる限り(稲垣元気そうでした)

この試合も後方の数的優位を上手く活かしていく必要がありそうな試合になりそうです。

ビルドアップこそサッカーの1番の鍵ですし見所です😏

見所は言い過ぎかもしれませんが、

 

 

鹿島は442ブロックからサイドにボールが出たらサイドハーフの選手がしっかりと前にスライドして

ある程度制限をかけてくるチームです。

ボランチの2枚も相手のボランチに対してしっかりプレスをかけてくきます

今季の鹿島は明らかにかなり前から積極的にボールを取りにきます。

 

PPDAを比較して見ます。

 

上図、昨シーズンの名古屋戦cr,wyscout

上図、今シーズンの名古屋戦cr,wyscout

 

数字が大きいほど相手陣地での守備機会が少ないのがPPDAなので

今シーズンの鹿島は明らかに空いて陣地で積極的にプレスをかけてきている証拠になると思います。

名古屋戦もしっかり前で構えながらの守備は多く見られました

 

 

個人的にサンフレッチェがスムーズに相手陣地にボールを運ぶためにはCBの持ち上がりが少し鍵を握ってきそうな感じがあります。

参考にライプツィヒvsトッテナムのワンシーンを出すんですけど

 

この試合はトッテナムがしっかりとミッドブロックを組んでライプツィヒの攻撃を防いで行こうとした試合です

中央CBのアンパドゥ(髪切ってて誰か分かんなかった)の度々の持ち上がりがトッテナムを難しくしていました。

 

バックラインでボールを持っているのがアンパドゥです。

トッテナムは442で構えています

トッテナムの前線の2枚は背中で背後のプレイヤーへのパスコースをクレバーに消しているため(カバーシャドウ)

この現時点ではパスコースがサイドにしかありません。

cr,wyscout Ampadu

ここでアンパドゥはボールを積極的に持ち運びます

するとどういうことが起きるというと、、

 

ライン間に降りてくる選手をケアしようとトッテナムの守備のブロックは移動を強いられ

遠い選手へのパスコースを開けてしまいます

cr,wyscout Ampadu

cr,wyscout Ampadu

 

ベルフワインのスライドが間に合っていないのでプレスのファーストラインを突破されてしまいました。

 

このようにCBの持ち運びによって

相手のブロックを動かしていくことが鹿島アントラーズ戦でも少し求められてくるような展開があるのかな?

と少し思います。

 

昨シーズンvs442に植え付けられた苦手意識(鹿島、仙台)を克服するいいチャンスですし

横浜FCには勝ちましたが選手のクオリティがより高い鹿島にどれだけ新生サンフレッチェの崩しが通用していくのか

非常に楽しみです。😏

 

名古屋に学ぶアタッキングサードの崩し

我らが稲垣率いるグランパスさんが鹿島解体方法を少し見してくれましたね

ありがとう稲垣

 

この名古屋vs鹿島の鹿島の守備を崩すためにはいかにバックラインを広げていくかがポイントの一つかな?と思います。

遠いサイドでFWが構えていることによってバックラインを広げることが出来ています。

鹿島vs名古屋cr.wyscout

 

鹿島はサイドでのマーカーの受け渡しがあまり得意なように見えないので

サイドでの数的同数を作ることだったり、そこから積極的に三人目の動きのよって相手を混乱させることによって

数多くのチャンスを作ることができるのではないかな?と思います。

 

個人的この試合の注目ポイントは

  • 攻撃時のCBの持ち上がり
  • 攻撃時の佐々木キャップの位置どり
  • 攻撃時サイドでの三人目の動き(ボランチorCBオーバーラッピング)
  • 守備から攻撃に切り替わったときのCBの脇を狙っていけるか
  • 守備時の開いたCBに対してシャドーがしっかりはめられるか
  • 守備時の相手CBの持ち上がりの際に落ちてくるSHやFWにうちのCBがしっかり前に出ていけるか

ここら辺に注目して見ていこうと思います。

ちゃんとマスクしていきますよ😏

 

また書きます

試合画像はwyscoutより引用

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
サンフレねこ

サンフレねこ

2006年くらいからのファン ストヤ〜ノフ×3ってサポーター席で叫んでる子供でした 今やバックスタンドぼっちおじさんになりました。 よろしくお願いします。

-サンフレッチェ, 戦術

Copyright© TALKサンフレッチェ【サンフレッチェ広島ブログ 】 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.